新・我愛西安     観光と生活情報   はてなブログに引っ越ししました。


by 8-9-4-4
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

大雁塔(大慈恩寺)三蔵法師。 西安感染病情報。

春節、西遊記で知られる唐の高僧・玄奨(三蔵法師)が652年インドから持ち帰った
仏像と経典を納めるためにつくられた大雁塔を訪ねました。
a0105049_16334838.jpg
厳しい寒さは峠を越えましたが唐を守る屋根には残り雪が
a0105049_16405040.jpg
唐3代皇帝高宗が648年に建てた大慈恩寺境内に聳え立つ
a0105049_16481594.jpg

殿内には遥かなる時を超え語り継がれる
三蔵法師が安置されています。
a0105049_17134128.jpg



感染情報が大雁塔に掲げられていました。
a0105049_17171448.jpg
流行性出血熱
ネズミに寄生するダニなどを媒介してヒトに感染。約2週間の潜伏期間を経て、発熱、食欲不振、嘔吐、顔面のむくみ、目の充血などの症状を呈します。症状が現れた数日後から出血傾向が認められ、ごくまれに重症の場合ではショックや腎不全に陥り死亡することも。初期症状が風邪とよく似ています。 普通に生活、観光していれば無用の心配ですが。
[PR]
by 8-9-4-4 | 2008-02-13 17:38 | 西安・近郊 観光など